{{ user.name }}
記事管理 お気に入り いいね 個人情報 ログアウト
トップページ ANOMADO案内

ANOMADO案内

中立公正な<言論ニュース・広場>『アジアの窓』スタートに当たって

新型コロナウイルスの世界的な感染爆発は世界の政治・経済・社会を大きく揺さぶっています。世界は大きな変革期にあり、不安定性・不確実性が広がり、混沌とした状態が続いています。

地球温暖化が深刻度を増し、気候変動対策としての「脱炭素革命」は行動変革を人類に迫っています。

大国間の対立が経済、安全保障を超え、民主主義国家と権威主義国家との間の分断が広がり、混乱に拍車をかけています。米国は「自由で開かれたインド太平洋」を掲げ、欧米民主主義国との連携強化を推進。これに対し中国は経済面で開発途上国との関係を強め、広域経済圏構想「一帯一路」を前面に対抗しようとしています。シリア、アフガニスタン、ミャンマーをはじめ世界中で深刻な紛争が続き、難民も急増。子どもや女性など弱い立場の人たちを襲っています。

世界やアジアの経済的な相互依存関係は緊密で、人々の生活を支えています。平和や協力発展こそが人類の目指すべきテーマであり、いかなる国も軍拡競争を展開する愚は避けなければなりません。特に核兵器開発をストップするため、核兵器禁止条約への署名・批准が急務と考えます。

原油高、インフレが世界で高進。日本でも異次元の金融緩和の長期化により円安が進行、一人当たりGDPはG7で最低水準に沈んでいます。財政赤字も巨額の水準に積み上がり、先行き暗雲が漂っています。日本の生きる道を真摯に追求したいと思います。貧富の格差も人類史上最悪の状態に陥っています。

東アジアと世界の平和友好と内外の経済発展をモットーに長年メディア活動を展開してきましたが、この度、世界と日本の現状と未来を見据え、独自の切り口の論考や分析を中心とした、新たなニュース論評サイト「アジアの窓」をスタートさせることになりました。

あくまでも中立公正をモットーに、あらゆる勢力に右顧左眄せず自由な「情報交差点」「言論空間」を目指します。

よろしくお願い申し上げます。

2021年12月1日

八牧浩行


◆顧問

立石信雄

オムロン元会長。日本経団連・国際労働委員長、海外事業活動関連協議会(CBCC)会長など歴任。「マネジメントのノーベル賞」といわれるSAM(Society for Advancement of Management)『The Taylor Key Award』受賞。同志社大名誉文化博士。中国・北京大、南開大、上海交通大、復旦大などの顧問教授や顧問を務めている。SAM(日本経営近代化協会)名誉会長。

関沢啓哲

元新日本製鉄(現日本製鉄)副社長。日中産業協力の歴史に詳しく、日中友好に尽力している。1978年新日鉄君津工場で鄧小平ら中国代表団を案内

廣瀨博

住友化学工業元社長、東日本高速道路前社長

田村彰

加賀電子取締役、ALSOK・綜合警備保障元副社長、元日本銀行システム情報局長

三枝稔

事業構想大学院大学副学長、朝日生命保険元専務取締役

山本勝

元社団法人・海洋会会長、日本郵船元専務取締役


◆編集顧問

河合正弘

東京大学名誉教授 現公益財団法人・環日本海経済研究所代表理事、前アジア開発銀行研究所長。アジア経済の第一人者。

大村多聞

元帝京大学教授 元三菱商事法務部長 国際問題に詳しい。

多賀谷秀保

元三菱自動車社長 欧米中国自動車事情に詳しい。

青島泰之

元日本技術者教育認定機構専務理事・事務局長 元ユネスコ・東アジア代表・北京事務所長

林正

元経済広報センター常務理事・事務局長。元経団連産業本部長

風間眞一

NPO法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会監事 2007年㈶経済広報センターが主催『第23回企業広賞』で「企業広報功労・奨励賞」を受賞。三菱UFJニコス元広報部長

勝尾修

東京証券取引所上場推進部課長

久野泰可

こぐま会 代表取締役社長 幼児教育研究所長


◆編集委員

内園浩一

元時事通信マニラ特派員、元内政部、社会部

長田浩一

元時事通信チューリッヒ、フランクフルト特派員 元経済部長、電機・金融担当

中村恒夫

元時事通信ロンドン特派員 時事研究所客員研究員 元経済部長、電機・金融業界担当

長田義明

元時事通信時事研究所代表取締役、元大阪支社長

長沢孝昭

元時事通信社ロンドン特派員 元商品経済部長

小山哲哉

元時事通信社ジュネーブ特派員

小泉秀夫

元時事通信社ニューヨーク特派員 電機業界等担当

ANOMADO案内 会社概要 利用規約 プライバシーポリシー 業務提携 お問い合わせ ©2022 anomado